ビーチポイント

八丈島のビーチポイントの多くにはアーチがあったりドロップオフがあるポイントや回遊魚が回ってくるポイントと、非常にレパートリー豊かでダイバーを楽しませてくれます。エントリー&エキジット方法も楽チンなところやチョッとワイルドなところとさまざま。また時として潮が速い所などもありますので、その日のコンディションやゲストのスキルに合わせて最適なポイントへ行くよう心がけております。ここでは主要なポイントをご紹介しています。

八丈島ダイビング シーダイブ h3_icon1 底土

島の北東側に位置しシーダイブのまん前のポイント。八丈島のメイン海水浴場「底土海水浴場」からエントリーします。沖には大きな三ツ又のアーチがあり見ごたえ充分。そんなに深くなく初心者から楽しめます。EN/EXは堤防先の階段からなので楽チンです。

八丈島ダイビング シーダイブ h3_icon1 八重根

島の南西側、ちょうど底土の反対側にあるポイント。沖に橋脚型の大きなアーチやクマノミノ大群生があり小物も楽しめる人気のポイントです。東海汽船の桟橋のおかげで海況の影響を受けにくく初心者から楽しめ冬場のメインポイントとなります。EN/EXはスロープでロープを利用して行ないます。

八丈島ダイビング シーダイブ h3_icon1 ナズマド

言わずと知れた一番人気のポイント。とにかく魚影が濃く地形もダイナミックで回遊魚や時にはサメも出現するスーパービーチ!その反面、潮が速いことが多く、また外洋に面しているので海況の影響も受けやすいので注意が必要です。EN/EXは八重根と同じくロープを利用しますが足場がラフなので気をつけて下さい。ブリーフィングをよく聞いて下さいね。

八丈島ダイビング シーダイブ h3_icon1 休憩所下

八重根より少し西側にあるポイントでEN/EXは岩場を歩いていって上り下りしますので足元に注意して下さい。ENするとすぐトンネルになっていて青く光る出口がとてもキレイです。コースの先にもスパイラルアーチやクマノミノ群生があります。

八丈島ダイビング シーダイブ h3_icon1 乙千代ヶ浜「右」

島の南に位置するポイントです。潜行するとすぐにトンネルがあったり沖に向かって根がずーっと伸びていたり、なかなか冒険心をくすぐるポイントです。EN/EXは階段で楽チンですが、よく滑るので油断禁物です。

八丈島ダイビング シーダイブ h3_icon1 乙千代ヶ浜「左」

乙千代ヶ浜の左側のポイント。沖にはドロップオフがあり迫力満点ですが潮がかかると要注意です。しかしビーチでドロップオフがあるところが八丈島!EN/EXはスロープを手スリにつかまって上り下りしますが、よく滑るので注意してください。