月別ブログ記事

2008年1月31日 木曜日

さっきTVを見ていたら宮古島ツアーで2度ほどお世話になったダイビングサービスのオヤジさんが「宮古島きってのサメハンター」として出てて懐かしかったです♪ 一見すごく無愛想なオッサンで時にはゲストをコキ使うことも辞さないんですが(笑) 実はすごく良いオヤジさんで久々行きたくなって来ました...(*^。^*)
で、今日はウネリのとれた八重根へ行ってきました。昨日と今日と風力はほぼ同じ(今日の方が若干吹いてるかも)ですが風が微妙に西から西北西へ傾いて...自然ってほんとデリケートですねっ。
水中は変わらず水温20℃~透視度20m~で快適です♪ 陸は最高気温11℃でしたが結構太陽が出ていたので暖かく感じました。日没後はさぶいですが...(ToT)
さてさて久々、ふつ~のコンパクトデジカメでフツ~のサカナを撮ろうシリーズです♪
今日は、「ハナミノカサゴ」。これぞフツ~のサカナの王道!キレイ・大きい・動かないの3拍子そろって最高の被写体じゃないでしょうか?(^o^)/僕の写真チョッと角度悪いのですが(汗)もう少し前から撮ってあげると胸鰭がキレイに広がって良い感じです。殆ど動かないので焦らず前に回ってあげてねっ。
親戚のネッタイミノカサゴやキリンミノカサゴもほんとキレイで幾ら見てても飽きない味のある魚なのですが、皆さん講習で習ったと思いますが「キレイな花には棘がある」は水陸共通の合言葉でカサゴやオコゼの仲間ほとんどヒレに毒棘があるので絶対触らないでくださいね!まぁ襲って来る事はないんですがグローブ無しでウッカリ触っちゃったな~んて事もあったので注意しましょうねっ。死に至るほどの毒ではないようですが心臓に近いとショック死する事もあるらしいので一晩入院させられたそうです。馬鹿に出来ませんよ~(ーー;)
ミノカサゴ類の毒は熱に弱いらしいので、もし刺されたら絶対冷やさず60℃~のお湯に漬けて即病院へ行きましょう!間違ってもオシッコかけても絶対効きませんからっ(>_<) 海外で刺された人が熱湯を手にぶっかけられ大ヤケドで余計エライ目に会ったという(汗) 嘘のような本当の話もあるそうなので、それもまた注意して下さい(^_^;)
ちなみに僕はヒメサンゴカサゴという小さいのにやられ、EXして速攻で病院に行ってブロックを打ってもらい難を逃れましたがズッキンズッキンして痛かったー(涙)
皆さんグローブしましょう♪
英名は、ミノカサゴ類全般「~Lionfish」。長いヒレがライオンのたてがみっぽいですね(~_~)

0131
日本名の「ミノ」ってミノムシのミノと一緒でしょ?
チョッと貧乏臭くて可哀想(^_^;)

2008年1月31日 木曜日

28・29日と所用で凪のナズマドに入れず、今日も西風でナズのみならず八重根もウネウネ。底土も決して良さそうではないので今日(30日)も海なし...少しあくとチョッと海が恋しい今日この頃です(^_^;) 天気図見ると明日も恐らく...ですかね~(ーー;) まっ自然のことなので仕方ないですね♪

0130
沖縄本島の方から流れてきたのかな?
灯浮標には消えかけた「那覇」の字と
裏側には市外局番「098」の電話番号が...

2008年1月28日 月曜日

今日(27日)も八重根へ行って来ました♪
底土は昨日にもまして凄い怒涛のウネリで東海汽船は今日も欠航。八重根も浅い湾内は少しうねってましたから回ってきてたんでしょうね...確か最終的には960hpほどに発達した爆弾低気圧の威力恐るべしです(ーー;)
水中は昨日と同じく水温20℃~透視度20m~水色...青♪
今日の陸上最高気温は9℃ですから、水中の方が11℃も温かいんですねっ(*^。^*)
さて、今日は可愛いクマノミ。言わずと知れた海のアイドル。種類は違いますがアニメ映画のお陰でうちの3歳の子供でも知ってます(笑) 八重根には皆さんご存知の結構な大群生があり、ボ~っと見ていると癒されますね~(~_~)
以前登場したキンギョハナダイとは逆で、クマノミは最初雄で生まれて雌に性転換しますが、これまたキンギョハナダイとは違い一夫一婦制のまじめな暮らしぶりです。ご婦人が亡くなると必要に応じて大きい雄が雌に性転換して再婚するようです。ちなみに雄雌の見分けは尾鰭が黄色いのが雄、白っぽいのが雌。
初夏の産卵シーズンには卵をそばで守って胸鰭で新鮮な水をかけてあげてる雄と外敵を追い払おうと威嚇してくる雌の行動が良く観察できて楽しいですねっ♪
今日は可愛いおチビちゃんをルームメイトのミツボシクロスズメダイのチビちゃんと撮ってみました。大人になると勝気で結構図々しいクマノミも子供の頃はシャイでビビリ...。
英名は「Clark's Anemonefish(クマノミ)」。クラークさんが名づけ親かな?(~_~)
日本には6種類のクマノミがいるそうですが九州以北にいるのは、この「ただの」クマノミだけのようです。

0127
すばしっこい~!

2008年1月27日 日曜日

超の付く寒さも落ち着き、今日(26日)は風もほぼ止み日中は暖かい日差しが降り注ぎました♪海はというと、東の底土は通り過ぎた低気圧のウネリが凄く、西側は収まったとはいえ冬の西風でバシャバシャして今日は東海汽船も欠航。
ってな訳で今日は八重根へ。水温20℃~、透視度20m~で快適でした(^^)v
八重根は何といってもこの時期のメインゲレンデ。島の西側にありますが東海汽船の桟橋のおかげで、よっぽどでないと大丈夫♪巨大なアーチやクマノミの大群生で人気のポイントですが、イメージ的にはナズマドが「動」とするなら八重根は「静」って感じでしょうか...冬場じっくりノンビリ写真を撮って潜るのに絶好のポイントですねっ。
そんな八重根に潜るとやっぱり、あまり動かん少しサイズダウンしたものに目がいってしまいます(*^。^*)
で、今日はツマジロオコゼ♪
なにやら当初思っていたより、かなり地味な方へ向いているようで自分でも少し驚いておりますが(爆笑) まぁ、まだまだヒマな時期は長いので気長にお付き合い下さい(^_^;)
このツマジロオコゼ君、枯葉が吹き溜まっているところに、もろ枯葉に擬態してじ~っと佇んでいるかと思えば時には何処へ急ぐのか、せっせと地を這いずり進んでいる時も...。二日酔いで寝不足のような真っ赤なお目々がチャームポイントかな♪
たまにテレビの番組でアフリカの奥地なんかに生息する、緑色の葉っぱそっくりの昆虫なんかを見て感心しますが、こいつの枯葉加減も気合入ってますよねっ。一体全体どのぐらい昔からどのぐらいの年月かけて、どうやってこうなっていったのか...。万物創造の神様と話す機会があったら絶対聞いてみたいですよ(゜o゜) 海に潜っていると他にも聞きたい事いっぱいあるので今度リストアップしとかないと...(~o~)
ツマジロオコゼ君の英名は、「Cockatoo(オウム) Waspfish」。頭の上からそそり立った背ビレが鳥のオウムの頭っぽいんでしょうね。"Wasp"の意味は何なんでしょう?まさかヘヴィメタバンドの名前?!(っな訳ないか...)
明日も八重根へGO?!

0126
落ち葉の中にひっそりと...

2008年1月25日 金曜日

昨日今日と寒いですねー!
海はどこも時化て、我が家は家の中にいても寒いですぅ~(^_^;)
北日本は八丈島どころじゃないんでしょうけどね。
ちなみに今日一番気温が高かった13時の八丈島 気温6.5℃ 湿度58% 風速6m/sで体感温度は-5.1℃!
東京品川は同じく 6.3℃ 23% 4m/s で...-1.7℃
っということは八丈のほうが寒いのかー(ToT)
信憑性のほどはわかりませんが、詳しくはこちらを♪ 体感温度計算
話はドンドンそれますが(笑)
寒い日に部屋の中で暖房入れているのに底冷えするという経験はないでしょうか?これは、室温は確かに暖房で温まっていても、室内体感温度は壁や床、家具など周囲のものの温度(MRT-平均輻射温度というらしい)と室温との平均値なので、いくら急速暖房で室温が温まっても寒いんだそうです。これはソーラー屋さんの受け売り(^^)v
風は治まり明日は海も静かになってくるようですが、気温はまだ低そうです... 
さぶっ。

2008年1月24日 木曜日

今日(23日)の関東地方は大雪だったようですねっ。八丈島は、思ったほど気温が上がらず小雨が降り続くちょい寒の一日でした。水中は、相変わらず21℃、20m~で快適です♪沖縄(本島)が今22℃らしいので八丈島イイ線いってますよね(^^)v黒潮図を見ると超蛇行してますが、このままもうチョイ北上してほしいものです。
さて、明日から2~3日また風は西~北西に変わるようでナズマドが入れなくなるので今日も行って来ました♪チョッと時間が遅くなり16:30頃のエキジットだったのですが大潮の満潮前、それに水温あたたかいので潮位がメチャ高く真冬とは思えない感じでした。
ではでは昨日の続きで...昨日はデブちゃんのデカ唇だったので、今日はスレンダーでカラフルな「キンギョハナダイ」
紅海・インド洋・太平洋の温暖な海に広く分布し日本でも伊豆から沖縄までどこでもいるようですが、僕の見た感じ八丈島は特別多いように思います。根の縁にいっぱいのキンギョハナダイが群れる様子は、お花畑を見るようでウットリ見惚れてしまいます(*^。^*) 小さいのが沢山どこにでも群れているのでややすると見過ごしがちですが、チョッと足(フィン)を止めてジックリ眺めてみて下さい。日ごろお仕事で疲れた心も頭も癒されること間違いなし(^.^)よ~く見ると目のふちに紫色のアイラインが入っていてキレイです♪
僕的にはハーレム社会というのが羨ましい限りですが、産卵の時のオスは次から次へととっかえひっかえ...らしく、それもまた大変だろうなー(^_^;) 生まれた時はみんなメスで大人になってから選ばれし者が性転換してオスになるそうですよ。
写真に撮る時はバック青い海で群れを~♪っと撮りたい所ですが、これはコンパクトデジカメ内蔵フラッシュでキレイに撮るのはチョッと難しそうなので(汗) 岩陰の集団をそ~っと撮ってみました。写真に撮るよりジックリ眺めてた方が良いかも...。ハーレムキング君のオスが1匹も写ってないのが寂しいですが、背びれや尾びれが長くて色もピンクっぽくてメスよりキレイです。
英名は「Scalefin Anthias」。[Scale]って尺度のスケールの意味と魚のウロコの意味があるみたいですが、どっちの事なんでしょうね???ご存知の方、教えて下さいm(__)m
今夜発の東海汽船は早々と欠航しましたが、明日は八重根は入れるかな...

0124
ウロコ尾ヒレ?
ものさし尾ヒレ?

2008年1月23日 水曜日

昨日の嵐もおさまり今日(22日)は午後から時折陽も差し海もだいぶん穏やかに♪
ってな訳で午後から八重根へ行こうかな~っと思いつつ、ご近所のRダイビングにドライのチャックを閉めてもらいに行くと、「ナズマドも凪たよ~♪」っと言ってくれたので素直な僕はお薦めどおりナズマドへ(*^。^*)
行ってみると昨日の時化が嘘のように凪!乙千代ヶ浜が21℃だったと聞いていたのですが、ナズもバッチリ21℃~♪透視度も余裕で20m~♪潮も殆ど無しで最高(^^)v
さてさて、今日シリーズは、「アカハタ」<゜)))彡
ヘラヤガラ~アカハタと初っ端から地味すぎちゃうかー?とご指摘受けそうですが(^_^;)
島では「アカバ」などとも呼ばれ潜っているとチョクチョク見かけます。だいたいは岩の上や岩陰などお気に入りの場所でジ~ッとしているので良い被写体ですね(^^)vでも、あんまり急に近づくと即逃げちゃうので慎重にね。一見地味ですが、とぼけたオバQ顔でカワイイです♪
それにこのサカナ、食すると非常に美味しい結構な高級魚で白身で淡白な身はプリプリしてて煮て良し刺身で良しです。知り合いの漁師さんは以前「味噌汁がなおウマい」と惜しげもなくぶち込んでましたが確かにメッチャ美味かったです(*^。^*)
英名は「BLACKTIP GROUPER(ハタ)」背びれの先端が黒いのがブラックチップの由来のようです。ちなみにハタ科にはハナダイやハナゴイなどの可愛い系とアカハタやもっと大きなデカい系がいますが、英語ではこの分類が「Slender Schoolers/Colorful」と「Heavy body/Large Lips」。かたやスレンダーでカラフル、かたやデブでデカ唇!そのまんまって感じで笑っちゃいますね(~o~)
明日は関東地方、雪が降るのかな?八丈は、予想気温17℃で雨の予報ですが少し寒さが緩みそうですかね...

0123
私、Large Lips でしょ?(笑)

2008年1月20日 日曜日

今日は朝から良いお天気♪東の風もほぼ無風状態でビーの絶好シャワー日和だワン!
ってな訳で本日もナズマドへ遊びに行ってきました。
昨日は水面若干ウネリがありましたが今日はベッタリ気持ちの良い凪で水温20℃~透視度20m♪どこを向いてもサカナがいっぱいカメいっぱいでほんとサイコー(^^)v
ふつ~のデジカメでフツーのサカナシリーズ2日目は「ヘラヤガラ」♪
ヤガラ三兄弟のなかでアカヤガラは高級食用魚(深海魚でお目にかかる事はめったに無し)、アオヤガラは半透明でスマート。ヘラヤガラはチョッとずんぐりでイマイチ不細工な感じががするのは僕だけでしょうか?(^_^;)
八丈島ではネズミ色でシッポの手前に水玉があるのと全身黄色いのをよく見ます。たいていは中層を立って漂っているか別のサカナに寄り添って泳いでいるか。どちらも捕食作戦の一環らしいのですが自分より小さな魚に一所懸命くっ付いて泳いでいる姿はやっぱりなんか間抜けで三枚目っぽく思えてしまいます(笑)
そんなヘラヤガラ君ですが、その独特の体型とユーモラスな顔で中層にいるときは殆ど逃げないし、イイ被写体でビギナーダイバーには結構人気者ですよね♪
英名は「トランペット・フィッシュ」。一瞬納得しちゃうけどトランペット似てるかー?口先がトランペットの吹くところに似てるからですかね? (~o~)
天気予報見ていると明日は関東地方雪が降って寒そうですねっ。皆さん、あたたかくして足元にはご注意を!こちらも先ほどから雨が降り出し明日は北東が結構吹きそうです(ーー;)

0120
不細工だの三枚目だの書かれて
チョッと文句言いたげな目つきでジロリ(^_^;)

2008年1月19日 土曜日

さてさて、お待たせしました(誰も待ってないって?)
今日からここへ書込みを始めたいと思います。今までずっとBBSに書いていたのを書く場所が変わるだけで何てことは無い筈なのですが、まぁ何事も始めはチョッピリ緊張しますね(*^。^*)
ではでは...

2008年1月16日 水曜日

〒100-1511 東京都八丈島八丈町三根1309-13

Phone 04996-2-5840

D-Fax 020-4669-5795

E-mail info@seadive.jp

URL http://www.seadive.jp